займ без отказа

第3回出版グループコンサルを開催しました!(6/5)

2019-06-05

<第3回出版グループコンサルを開催しました!>

みなさま、こんにちは!

先週末、3回目となる出版グループコンサルを開催いたしました。

 

今回は趣向を変えてランチセッションからスタート。

 

初夏の心地よい陽気の中、素敵なオープンテラスのレストランで

皆さんのブランディングや課題のフィードバックを行いました。

0601_出版コンサル_ブログ1

ここで盛り上がったのが、メガネについて。

 

じつはこのコンサルに参加されている男性の半分以上が

メガネをかけていらっしゃいます。

すでに講師をされている方や、今後講師になる方など

人前に出る機会が多く、顔の中心にあるメガネは

その方の印象を大きく左右するのです。

(女性はメイクの印象が大きいですね!)

 

たとえば、真面目に見られがちな男性は

あえて色の入ったフレームを選んで親しみやすさを出すなど、

メガネ一つで印象が大きく変わります。

「ちょっと変えてみましょうか」という星野の一声で

男性陣はお互いのメガネ交換をして印象の違いを実感!

 

皆様見事な変身ぶりで、お写真をシェアできないのが

大変残念ではあるのですが、

こんなふうに楽しく、わかりやすく、印象に残る形で

進んでいくのがグループコンサルのおもしろさです。

0601_出版コンサル_ブログ2

ランチセッションの後、室内へ移動。

講義とワークを行いました。

 

今回の講座のゴールは

「ターゲット」と「ターゲットに伝えたい思い」を文章にまとめ、

発表すること。

 

言い換えれば、「たった一人のこの人の役に立ちたい」

という思いを明文化することです。

この思いがすべての発信の原動力になると星野はいいます。

0601_出版コンサル_ブログ3

ワークの途中では星野が各チームにアドバイス。

それをもとにどんどんブラッシュアップされていく

みなさんの思考と文章。

 

出版グループコンサルでは成功体験だけでなく、

過去の失敗体験も出していただいています。

失敗や弱みをさらけ出せるからこそ、信頼がおける。

だからこそ人に寄り添える、という星野の考えからです。

0601_出版コンサル_ブログ4

困難や苦悩、失敗は

一生懸命に生きてきた証。

 

そして、自分の人生経験が誰かのためになるとき、

その経験は本当の意味で昇華されていく。

本づくりはそんなことを教えてくれます。

 

最後の発表は皆さんそれぞれの

個性が際立った素晴らしい瞬間でした!

 

文字にするだけではなく、声に出すこと。

 

何気ないことですが、

このようにリアルに出版を意識していただくことも

出版グループコンサルでは大切にしています。

0601_出版コンサル_ブログ5

3回目とは思えないほど皆さんの進捗が早く、

この先どうなってしまうのかと今から楽しみです!

 

*********

第1回第2回の様子もぜひご覧いただけたら嬉しいです。

Copyright(c) 2014 silas consulting Ltd. All Rights Reserved.